法被を着た女性

はっぴを着るときのポイント

はっぴというのは、着るときには和装をしたほうがよいでしょう。はっぴにはいろいろと種類があるのですが、基本的には祭りに着るものを意識しているとよいでしょう。それがイメージとして正しいことになります。はっぴを着るときには和装にすることです。それが最も似合うことになります。
しかし、洋装でもしっかりと合うようにコーディネートをすることもできなくはないです。そのあたりはやり方次第であるといえるでしょう。
しかし、まずはどこではっぴを購入するのか、ということが問題になることでしょう。簡単にいいますと今はインターネットで購入することがかなり容易になっています。ですから、そこまで買うことに苦労することはないといえます。昔は自分で作ったり、或いは専門店で買う、ということもあるでしょう。しかし、今では非常に簡単にネットで買うことができるようになっています。言うまでもありませんが、はっぴというのは日ごろから着るようなものではありませんが、それでも十分にメリットがありますから、一枚くらいは持っていた方がよいでしょう。
大事なことは価格です。価格というのは、一枚あたりいくらということですが、安い物であれば数千円以下でありますから安心してよいでしょう。

はっぴのよいところとして

良いはっぴというのはなんといっても生地がよい、というものです。
絹などで作られているはっぴというのはとても綺麗な光沢になりますし、肌触りもよいですから極めてお勧めできるものであるといえるでしょう。はっぴには背当てというのがありますから、それをしっかりと作られているものにするとよいでしょう。最近はとても安いものがあるのですが、その場合、背当てなどがない場合もありますから注意することです。安いものはそうした部分が削減されていることが多いです。はっきりいってはっぴというのは普段から着るようなものではない、ということは間違いないでしょう。これは仕方ないことではありますが、それでも良いファッションセンスがあるのであればそれで十分によいコーディネートにすることができるのです。はっぴというのはとても良い着物であることは確かなのです。着こなすことができれば粋になりますし、非常に見栄えがよいことは確かであるといえるでしょうから、一枚くらいは持っている価値があるといえるでしょう。祭りのときなどに着ることもできますし、普段から着ることもできるでしょうから、今時は普段着のアクセントとして着ることもお勧めできるといえるのです。

はっぴとして大事な部分として

はっぴというのは、一枚の布に見えるかもしれませんが実はいくらか布を当てています。
例えば普通の着物のように背当てがあります。この背当てというのは色々と目的があるのですが、はっぴの場合は神輿を担ぐことを前提にしていますから、後ろ首の縁辺りから下にあてられることになります。大きくても20cm程度になります。少ないのであれば10cmもないこともあります。あまり厚い布を当てることは粋ではない、という考え方もありますから、これは注意しておきましょう。
それに多少野暮ったくなることも事実ではありますが、その点は理解しておきましょう。但し、この部分は汗を吸い取る部分としても活用できるようになっていますから、夏場のお祭りのときにはかなり有効的であるとされています。もう一つ大事なところが袖裏になります。これは昔から拘ることが大事であるとされていたる部分です。まさにはっぴにおいて魅せることができるデザイン性はここにあるといっても過言ではないのです。袖裏とは両袖裏のフチ周りから肩口に向かっている部分であり、そこに刺繍などを使うことによって、非常に粋になります。裏地なんて見えないのでは、と思うかもしれませんがそこが粋なわけです。


KAMEOKAでオリジナルのはっぴ作りませんか?イベントやサークルなどでのお揃いにするのに最適です!あなただけのオリジナルのはっぴをてにしましょう!質もよく、綺麗な素材で作成しておりますので、着心地の抜群です!みんなで盛り上がるためにぜひはっぴをつくりましょう!

Update List

NEW2017年05月18日
はっぴとはどんなものがよいのかを追加しました。
NEW2017年05月18日
はっぴのよいポイントとなるのがを追加しました。
NEW2017年05月18日
はっぴを買うための方法としてを追加しました。
NEW2017年05月18日
はっぴは裏側に拘るを追加しました。

≫ 記事一覧へ

What's New

はっぴのよいポイントとなるのが

はっぴという服装はなかなか日常的に着るようなものではないのですが、それでも実はいろいろと拘れるところがいくつもあります。むしろ、そこまで日常的に着ないからこそ、拘れるといっても過言ではないところも多いのです。例えば裏地です。基本的に夏場に着ることになりま…

はっぴとはどんなものがよいのか

はっぴにもいろいろと種類がありますし、ポイントがあります。例えば背当てなどがしっかりとしているタイプのはっぴはとても安心して着れるようになります。はっぴには利点があります。それは非常に見栄えが良い、ということです。粋でイナセな着方ができるようになりますと…

TOP